工務店に関する情報

新着情報

工務店は柔軟な対応が可能 

家を建てる際に、工務店とハウスメーカーのどちらを選ぶかで迷うものですが、柔軟な対応が出来ると言えば前者でしょう。間取りも依頼者の要望に合わせたアレンジが効くと言う点が魅力であり、根強い支持を受けています。さらに工務店ならば、ハウスメーカーが成功をするモデルハウスのいずれかのように同じような構造物になるのではないので、依頼者のニーズを細かに対応できるのでより柔軟な建築が可能になるのがメリットです。こだわりの住まいを実現したい時に、より依頼者の要望に合わせて建築をしてもらえるので、オリジナリティーが高くなるのが魅力でです。

住宅を依頼する時の選択肢とは 

工務店とハウスメーカーの違いとは、前者が新築物件もリフォーム物件も請け負う業者、後者が新築物件のみ請け負う業者ということになります。ハウスメーカーは、大中小規模の会社を問わず、新築を専門に行い、リフォームは提携会社、もしくは下請け業者に請け負わせるのが一般的です。工務店の場合は、昨今の長引く不況の中、仕事の中心はリフォームということになり、大きな会社の下請けになっているという場合を除いて、現在新築を専門に行うのは稀になっています。これは昨今のリフォームブーム、バリアフリー化傾向が呼び水になっているのも事実です。リフォームのメニューは、増改築をはじめ、床の張替え、壁板の張替え、天井板の張替えなどです。その他のリフォーム、クロスの張替えはクロス屋さんが、屋根の施工は屋根屋さんが行います。

工務店,流れ